ブロガーになってフリーランスとして稼ぐとは

フリーランスとして生計を立てている人の中にはブログを書いてお金を稼いでいるという人が少なくありません。

ブログとは、簡単にいえばインターネット上に記載する日記のことですが、それを書いて本当に生活していけるほどのお金を稼ぐことができるのでしょうか。



まず、ブログを書いて収入が発生する仕組みですが、ほとんどの場合はアフィリエイト広告によるものです。

アフィリエイトサービスを行っている会社と契約をすると、ブログに貼りつける広告を選ぶことができます。



たとえば、パソコンについて書いた記事には、パソコンを購入できるオンラインショップの広告を貼るわけです。もし、ブログの閲覧者がその広告をクリックし、アクセス先のショップでパソコンを購入したら、ブログの運営者は成果報酬を受け取ることができます。

また、クリック型といって、ブログの広告リンクをクリックされただけで報酬がもらえる広告もあります。
アクセス数が少ないと、こうした広告を貼っても報酬は微々たるものですが、アクセス数が増えれば広告をクリックする人も、そこから商品を購入する人も多くなるので、生活できる程度に稼げる可能性があるわけです。
こうした方法でお金を稼いでいるフリーランスをプロブロガーと呼びますが、この職種のメリットは人脈などまったくなくてもライターの仕事をできる上に、始めるにあたってなんの資格も必要ないことです。


なので、フリーランスの第一歩として、まずはブロガーとしてやっていくという人が増えています。